Windows10を使っている方は、タスクバーをカスタマイズすると使いやすくなります。
タスクバーというのは、ディスプレイの一番下にあるアイコンが並んでいる横長の部分です。

タスクバーの位置、サイズ、アイコンのサイズ、アイコンの数などをカスタマイズできます。
カスタマイズすると見た目と操作性が変わって使いやすくなります。

タスクバーをなるべく広く使いたい時は

いろいろなソフトを起動するとアイコンがタスクバーに増えていきます。
なるべくたくさんのアイコンを表示するには、タスクバーを広くします。
検索ボックスがかなりのスペースを占めているので、表示しない。
タスクビューを使わないなら、表示しないなど変更ができます。

設定

タスクバー上の何もない場所で右クリックします。
メニューが出るので、「タスクビューボタンを表示」をクリックして、チェックを外します。
Cortanaにマウスを当てると左にメニューが展開するので、「表示しない」をクリックします。

 

設定

タスクバー上の何もない場所で右クリックします。
「設定」をクリックします。

 

デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す

「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」の項目をオンにします。

 

小さいタスクバーボタンを使う

「小さいタスクバーボタンを使う」の項目をオンにします。

 

画面上のタスクバーの位置

「画面上のタスクバーの位置」の∨をクリックします。

 

画面上のタスクバーの位置

上下左右の中から好きな場所を選択します。

 

タスクバーを固定する

「タスクバーを固定する」をクリックしてチェックを外します。