パソコンの電源を入れてから、Windows10が立ち上がるまでが遅いと感じる場合は、以下の設定で速くなる可能性があります。
Windows10の起動を速くする方法を紹介します。

スタートアップに登録されたアプリを減らす

タスクマネージャー

タスクバーの上で右クリックして「タスクマネージャー」をクリックします。

 

スタートアップ

「タスクマネージャー」のウインドウが開くので、「スタートアップ」タブをクリックします。

 

有効

この一覧の中で、「有効」となっているアプリは起動していますので、不要なアプリを右クリックして「無効化」をクリックします。

 

無効

「無効」になりました。

 

GUIブートを無効にする

ファイル名を指定して実行

Windows スタートボタンを右クリックして表示されるメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

 

msconfig

「ファイル名を指定して実行」ウインドウが開くので、「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。

 

「ブート」タブ

「システム構成」ウインドウが開くので、「ブート」タブをクリックします。

 

GUIブートなし

「GUIブートなし」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

 

再起動

再起動後に設定が反映されます。

 

ログイン画面を省略する

コマンドプロンプト(管理者)

Windows スタートボタンを右クリックして表示されるメニューから「コマンドプロンプト(管理者)」をクリックします。

 

ユーザーアカウント制御

「ユーザーアカウント制御」ウインドウが開くので、「はい」をクリックします。

 

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトが表示されます。
「control userpasswords2」と入力して、「Enter」キーを押します。

 

ユーザーアカウント

「ユーザーアカウント」ウインドウが開きます。
「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外して「適用」をクリックします。

 

ユーザー名とパスワード

ユーザー名とパスワードを入力して「OK」をクリックします。
これでログイン画面が省略されます。

以上です。
お試しください。