千代田区飯田橋のお客さんからパソコン修理の依頼がありました。
パソコンは、デルVostro3800。
購入した時は、Windows7 ProfessionalでWindows10にアップグレード。

デルVostro3800

「どんな状況ですか」
「デルのパソコンで、使っていると急に落ちるのでコマンドプロンプトから操作したら、ワードやエクセルが開かなくなりました」
「Windows10ですか」
「はい。そうです」
「どのようなコマンドを使いましたか」
「chkdsk c: /f /r と打ちました」
「分りました。他にも動かないソフトがありますか」
「Windows Live メールのバックアップを取ろうとしたのですが、Windows Live メールが起動しません」
「そうですか。調べますのでしばらくお待ちください」

最初に、ハードディスを取り外してチェックを行いました。
ハードディスクに物理的な障害があれば交換してからの作業になります。
ハードディスクは正常でした。

パソコンを調べてみると、Cドライブにアクセスできなくなっていました。
「C:¥にアクセスできません アクセスが拒否されました」
とウインドウが開きます。

アクセス権を変更してCドライブを開けるようにして、Windows Live メールのデータをバックアップ。
しかし、Windows Live メールのサポートは、2017年1月10日に終了しました。
現在、Windows Live メールを含むWindows Essentials 2012のダウンロードは終了していますので、新規にインストールはできません。
すでにインストールされているパソコンにデータを入れて見るしかありません。

デスクトップやドキュメントにある必要なデータはお客さんが外付けハードディスクにバックアップしました。
次に、BIOSを更新してから、Windows10をクリーンインストールしました。
インストール完了後に、チップセットなどのドライバをインストール。

お客さんが、弥生会計をインストールして動くことを確認しました。
データのリストアはお客さんが行うので、私の作業は終了しました。